メリット

1つのロジスティック・システムが倉庫、製造分野のすべての工程を網羅し、資産と資源をリアルタイムで管理

コスト

従来のシステムと比較して、設備投資と運用維持費の双方においてコスト効率性がさらに上昇

機能性

極度に高いレベルの標準機能、コーディングを、config、有効化または無効化、ユーザーが使い易い機能に置換

投資利益率

年数の代わりに月数

3D

コントロールセンターとオペレーターの双方のための、独自の3D作業方法

原材料の取り扱い
ロジスティックの調整
Eかんばん方式
資源管理
原材料の取り扱い
  • 積載および荷下ろし場所
  • AGV(無人搬送車)、ロボット、その他のシステムとの通信
  • UWB(超広帯域無線)、PBV、他のハードウェアおよび他のセンサーとの統合
ロジスティックの調整
  • 受信したトリガーに基づいた転送命令の作成
  • 資源と資産の固有識別
  • 他のシステムとの通信
Eかんばん方式
  • 積載および荷下ろし場所
  • 棚、貯蔵箱およびその他の場所の固有識別
  • 補充トリガーの受信
資源管理
  • 資源と資産の自動識別
  • リアルタイムでの資源と資産の追跡と、業務全般にわたるリアルタイムでの位置追跡
  • 特許取得済み技術による資源と資産へのタスク分配

ロジスティック実行システム

システム統合
KPI(重要業績評価指標)ダッシュボード
ネットワークの最適化
商品の入荷と在庫
システム統合
  • 他のシステムとの統合
  • 他のシステムとのコラボレーション
KPI(重要業績評価指標)ダッシュボード
  • リアルタイムでの予測的分析と規範的分析
  • 問題に発展する前に最適な対策をとり、足かせとなっている事象を解決する
ネットワークの最適化
  • マルチサイトの機能性と転送命令の調整
  • 自動シャトル内機能および輸送管理
商品の入荷と在庫
  • 商品の入荷と商品の問題
  • リアルタイムの在庫水準を知るための主な情報源
  • 商品の補充に利用する一時保管場所の位置管理
実際に証明された

事実

Proven Facts Japanese

倉庫収容量の増加
空き車両の削減
生産能力の上昇
CO2 排出量の削減
エネルギー使用の削減