メリット

業務を通じて最適なフローの組織化、あらゆる事象の計画、在庫、労働力、資産全般にわたる準備状況の評価。

コスト

従来のシステムと比較し、設備投資と運用維持費の双方においてコスト効率性がさらに上昇

機能性

極度に高いレベルの標準機能、コーディングを、config、有効化あるいは無効化、ユーザーが使い易い機能に置換

投資利益率

年数の代わりに月数

3D

コントロールセンターとオペレーターの双方のための、独自の3D作業方法

最適なロジスティック計画。あらゆる事象を計画し、在庫、労働力、資産全般にわたる準備状況を評価する

合理化されたロジスティックの実行。業務を通じて最適化されたフローを組織化

業務支援

  • 適切な量の最小在庫管理単位(SKU)がすべての場所で確実に利用できるようにするための在庫状況の確認と予測
  • 自動補充
  • タスクと作業量に基づいた正確な雇用のための自動資源計画
  • 特許取得済み技術を用いた、リソースおよび資産への自動かつ直接的なタスクの分配
  • リアルタイムでのリソースと資産の追跡
  • 業務全般にわたるリアルタイムでの位置追 跡
  • 問題に発展する前に、リアルタイムでの KPI、予測的分析と規範的分析により、足かせとなっている事象を解決