次世代型データキャプチャの登場

新型の「先端」技術により、リアルタイム位置情報の運用に新たな選択肢がもたらされそうだ。新形態のデータキャプチャによって従来のAIDCがどのように補完されるのかを、リアルタイム位置データを活用するソフトウェアプラットフォームや分析、アプリケーションの重要性とともに解説する。

ロバート・マイケル執筆 2019年1月14日

リアルタイム位置情報ソリューションの取材記事より抜粋:

ロケーションドリブンシステム

UWBのような最新の位置特定技術は大変面白いが、重要なことは、位置情報の可視性に基づくプロセスの最適化だとベンダーたちは指摘する。このような見解を持つベンダーの1つが、Locanis社だ。ドイツのソフトウェアプロバイダである同社は、UWBを始めとするリアルタイム位置特定ビーコンや位置特定技術を活用するサプライチェーン実行ソフトウェアシステムを販売している。

Locanisの Bengt Tuner(ベングト・チューナー)CEOによると、当初、同社は独自の位置追跡ハードウェアの開発を行っていたが、現在はソフトウェア開発に重点を置いているという。 Locanisは、UbisenseやPozyxを始めとする位置特定技術を供給するプロバイダと提携し、取得したデータを基に、Locanis Site Optimizerシステムのアルゴリズムへとデータを送り込んだ。 Locanis Site Optimizerシステムの機能は、WMSやヤード管理、輸送イベントの管理にまで広がっている。

 

「私たちは徹底的に最適化に集中しました。すなわち、タスクをどのように合理的かつ統制的な方法で資産やリソースに配分するかという点に重点を置いたのです」、と

Tuner CEOは語る。

UWBはリフトトラックやパレット、UWB機能搭載のバッジを着用した従業員を始めとするリソースのリアルタイム位置情報をセンチメートルの精度で正確に測定できる。Locanisのシステムは、そのような特長を活かし、最も効率的な方法で作業を割り当てるのだ。 「当社のソフトウェア・アルゴリズムは、リアルタイム位置特定技術を使い、適切なリソースを適切なタイミングで選択します。…これにより、アイドル時間と資産の空稼働を最小限に抑えることができます」とTuner氏は語る。

モダンマテリアル・ハンドリングの記事全文を読むには、以下のリンクをクリック:
https://www.mmh.com/article/next_generation_data_capture_emerges

コメントを残す

Your email address will not be published.