Site Optimizer 360°

紹介

サプライチェーン実行管理システム(「SCES」)とは、YARD、WMS、LMS、WES、WCS、AMHSそれにRTLSまで、必要な機能を全て搭載したユニークなソフトウェアを指します。SCESはタスク指向の考え方で設計されたソフトウェアであり、工程中のマテリアルの「流れ」全体を同期・管理・および最適化することを目的としています。

弊社では、データベースを軽量設計してデータベースレイヤー、ビジネスレイヤー、およびUIレイヤーの間のバランスを最適化できるような抽象度の段階でオブジェクトを作成しています。その目的は、工程の全ての段階で効率と透明性を確保することです。

標準化


低〜中程度の複雑さのサイトに対応する設計。現在実際に稼働中(3D)の車両、労働力、および在庫に基づいた、特許取得済みのルールベースのタスク管理。

自動化


自動マテリアルハンドリングシステムのタスクロジックに取って代わり、全タスクの管理を1つのシステムで集約的に実施できる、世界で唯一のソフトウェア。

最適化


タスク指向かつオブジェクト指向のソフトウェアで、オペレーターにとっても管理職にとっても使いやすく、組織の全レベルにおいて明確な財政上・運営上の利点を提供。

タスク管理 – 旧式のWMSシステム

  • タスクの管理と実行を1つの中心システムで集約的に実施することができない
  • 自動マテリアルハンドリングシステムのタスク管理ロジックに取って代わることができない
  • 自動マテリアルハンドリングシステム向けに構築するにはインターフェースが高価で複雑
  • RTLS技術を統合して利用する能力や機能がない

タスク管理 – Site Optimizer 360° SCES

  • 自動マテリアルハンドリングシステムのタスク管理ロジックに取って代わることができる
  • 全タスクの管理と実行を1つの中心システムで集約的に実施することができる
  • 自動マテリアルハンドリングシステムと費用効率よくスムーズに統合
  • あらゆる種類のRTLS技術(UWB、Lidar、RFIDなど)を統合して利用できるよう設計
サイトオプティマイザー 360°サプライチェーン実行システム(SCES)

ダイムラー・トラック・アジアとロカニス

未来の工場 – 物流

ダイムラー・トラック・アジアのビジョンは、生産スケジュールの日々の変化や課題を考慮して、完全に柔軟な材料補充と自動化された人員配置を実現することです。そのためには、サプライチェーン全体を通じてリアルタイムに部品と生産能力を追跡する必要があります。部品供給のリアルタイム管理とパターン認識に基づく自動実行は、ビジョンを達成するための非常に重要な要素です。

ロカニスのサイトオプティマイザー360°SCESは、私たちのビジョンと将来への柔軟な適応能力をサポートするソリューションです。ロカニスSCESは、すべてのデータとそれに対応する実行コマンドを「FUSOコントロールタワー」に集約し、部品消費量と予測需要のトリガーに基づき、あらゆる種類の自律走行車と物流作業員を管理することで、工場での補充作業をコントロールします。

SCESは、当社の入出庫データと組み合わせて、必要な生産能力を動的に計算し、生産スケジュールと部品の在庫状況に基づいてプロセスを柔軟に最適化します。SCESは、ユビセンスの超広帯域を使用し、移動をリアルタイムに動的追跡することで、3Dデジタルツインを提供しています。オペレーターのための3Dビジュアライゼーション、予測的・処方的な工程情報、継続的な現場最適化機能を計画チームに提供します。

ロカニスSCESは、他にいくつ選択肢があるか分からない中で、未来の工程制御と最適化の扉を開きます。ふそうとロカニスの次のステップは、KPIに基づく意思決定を自動化するためにAIパターンを追加することです。

「私たちにとって、これほど『未来の工場』のビジョンを良くサポートしてくれるシステムやパートナーは、市場には他にありません」

三菱ふそうトラック サプライチェーン企画・運営責任者
「未来の工場」プロジェクトリーダー – 物流
シモン・シュミット

ユニーク

透明性とユーザーエクスペリエンス

業界での

評判

私が市場で知る限り、最も進化したサプライチェーン実行システムです。このシステムは、エンドツーエンドの運営と隣接するプロセスというリアルタイムの3Dデジタルツインを生み出し、最新のアルゴリズムを用いて現場のすべての資産やリソース全体的に最適化します。

—世界の「ビッグ3」の
戦略的コンサルタント会社の1つ

世界唯一の

RTLSに構築されたE2Eサプライチェーン実行システム!